Top > xtra > pear_manual > HTTP_WebDAV_Client

These documents are provided under [[PHP license:http://www.php.net/license/]].

* HTTP_WebDAV_Client [#zdd96fd6]
Official: http://pear.php.net/package/HTTP_WebDAV_Client

PHP の[[ストリームラッパー:http://www.php.net/manual/book.stream.php]]を
提供し、WebDAV サーバをファイルシステムのように使うことができるようになります。
require で読み込むと webdav スキームが登録されます。
WebDAV サーバでのリソースが http://example.jp/dav/sample.bin であるとき、
対応する webdav スキームは webdav://example.jp/dav/sample.bin になります。

ファイルの読み書きは次のようになります。
 require_once('HTTP/WebDAV/Client.php');
 # 読み出し
 $data = file_get_contents('webdav://example.jp/dav/sample.bin');
 # 書き込み
 file_put_contents('webdav://example.jp/dav/sample.bin', $data);

ディレクトリも同様に透過的に使えます。
 require_once('HTTP/WebDAV/Client.php');
 # ディレクトリ一覧の取得
 $items = scandir('webdav://example.jp/dav/');
 # ディレクトリの作成
 mkdir('webdav://example.jp/dav/subdir');


** stream context [#s1c350c2]
HTTP_WebDAV_Client (VERSION>=1.0.1)で
HTTP_WebDAV_Client (VERSION>=CVS)で
指定できるストリームコンテキストオプションには
次のようなものがあります。

: user_agent   | User-agent を指定します。
: content_type | 送信する Content-type を指定します。
デフォルトでは application/octet-stream になっています。

例は次のようになります。
 require_once('HTTP/WebDAV/Client.php');
 $opts = array(
   'webdav'=>array(
     'user_agent'=>'MyClient/0.1',
     'content_type'=>'image/jpeg'
   )
 );
 $context = stream_context_create($opts);
 # 読み込み
 $data = file_put_contents('webdav://example.jp/dav/sample.jpg', null, $context);

    Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes

© 2006-2008 Internet Revolution